北欧インテリアの作り方ナビ > 北欧テーブル > 北欧テーブルの選び方

北欧テーブルの選び方をご案内します。

北欧テーブルの選び方

北欧テーブルの選び方

北欧テーブルの選び方として、テーブルの種類(ダイニングテーブル・センターテーブル・サイドテーブル)にかかわらず、共通して押さえておくとよいポイントをお伝えします。

別のページでもご案内しているように北欧テーブルに限らずテーブルでインテリアコーディネートの演出を表現するのは意外と難しいものです。主な理由はデザイン上の制約が大きいこと。
ここではどのような要素を持ったテーブルを選ぶと北欧のインテリアコーディネートを実現できるのかをご紹介致します。

  • 色・素材について:他の家具の木材の色、もしくは白・ガラス・スチールのものを選ぶ。
    他の家具の木材の色合いにあわせてテーブル類も選択したいものですが、北欧風となると白木系のイメージをもたれる方が多いようです。しかし、白木系のテーブルとなると選択肢も限られてしまいます。
    もし木材の色が他の家具とあわせるのが難しい場合は白の塗装がされたものを選んではいかがでしょうか。軽やかな印象で北欧的な印象を与えてくれます。
    また、白のテーブルがカラーコーディネート的に気に入らないようであればガラス素材やスチール素材を選びましょう。北欧テイストはモダンな雰囲気を持っているのでガラスやスチールなどの人工素材との相性もよいものです。
  • 形について:曲線の入っているものを選ぶ
    天板の形自体は機能・用途・お部屋のサイズなどからある程度決まってきますのであまり奇抜なものにするなどの選択は難しいですが、ちょっとしたポイントに曲線が使われているものを選択すると良いでしょう。
    天板自体が丸天板のものを選ぶと良いでしょうし、長方形でも角が取れて丸みがあるもの、テーブルの脚なども角柱よりは円柱型のものを選ぶようにするなどのちょっとした違いが北欧テーブルらしさ、の違いになってきます。
スポンサードリンク